【オキハム琉球料理シリーズ】味も染みてる!炙り軟骨ソーキ

【オキハム琉球料理シリーズ】炙りソーキ軟骨ソーキ

どーも!グッチー@沖縄エンジョイ!です。

沖縄行きたい!けど、コロナが心配でまだ行けない…

そんなとき、気軽に沖縄の雰囲気を楽しむことができるのが、

「オキハム」さんが提供している「琉球料理シリーズ」

牛汁、イカ汁、ソーキ汁、いなむどぅちなどなど。

楽天市場などネットショップでも気軽購入することができるし、常温保存で管理も楽なので、全国どこでも楽しむことができます。

今日の紹介は炙り軟骨ソーキです。

炙りサーモン、炙りマグロ。

回転ずし行ったら炙り炙られ炙りまくってますよね。

ソーキの世界でも炙りがブームなんです(かね?)

ちなみに浦添市伊祖の沖縄そば「あがり家」でもトロトロ炙りソーキがおいしいですよ♪

お手軽に沖縄料理を食べたい方は必見です(^^♪

スポンサーリンク

オキハム琉球料理シリーズ「炙り軟骨ソーキ」

ソーキ

オキハムさんの琉球料理シリーズ。

常温保存もできて調理も温めるだけの簡単レシピ。

沖縄県内のスーパーであれば売っている定番商品です。

「沖縄ホーメル」さんも同じようなレトルト商品を展開しています。
あのソウルフード「SPAM」を販売しているのが沖縄ホーメルさんです。

今回はオキハムさんの「炙り軟骨ソーキ」

まずはパッケージの確認。

常温保存の文字から郵送することも可能なので、県外発送も超簡単。

贈答用ギフトにもってこいです。

見るからに具だくさんなのがよくわかりますね♪

それでは裏面チェック。

裏面

ふりふりエプロンを付けたオキハムさんが作り方を説明。

温め方は次の2パターン。

  • 熱湯でお鍋のフタを閉めず5分温め
  • 耐熱容器に移してラップをかけて電子レンジでチン

の2パターンです。

お肉をレンジでチンする場合は破裂することがあるので注意してくださいね。

続いて商品の栄養成分表示チェック、

  • 1袋160g
  • エネルギー291kcal
  • たんぱく質19.4g
  • 脂質18.4g
  • 炭水化物12.0g
  • 食塩相当量3.3g

やっぱがっつりお肉なんで291kcalと結構なカロリー!!

そしてたんぱく質高め!!

原材料について。

  • 豚肉バラ(軟骨つき)
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • 調味料(アミノ酸)
  • (一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

と、豚肉に味付け調味料のシンプル構成です。

まずはお皿に広げます。

ひろげる

そしてレンジでチン。

レンジでチン

うーん、違いが分かりにくいですが、汁が増えています(#^.^#)

見てください!!

そして炙りなだけに、この香ばしいおこげの感じ。

なんこつ

この軟骨のトロトロぷるぷる具合!!!

味もしっかりしみ込んでおいしい~。

ごはんがごはんがススムくん(‘◇’)ゞ

何杯もおかわりいけちゃいますよ、ホント。

でも、ソーキって作るの大変なんですよね。

大きなお鍋にお水をぐつぐつ沸かして、ソーキを投入してやわらくなるまで煮込む、煮込む、さらに煮込む!!

でもどうですか、こんなにトロトロでしかも炙られたソーキをお手軽簡単に楽しめるなんて♪

とってもおいしくいただきました(^^♪

からさら
スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

今日のエンジョイ!

いかがでしたか?

おうちでお野菜の煮付けを作ってソーキをちょっと足したいときに大変重宝しますね。

三枚肉もおいしいですが、やっぱ豪快に骨にしゃぶりつく「ソーキ」が大好きです。

軟骨もトロトロで、豚肉をあますことなくいただくことができる。

まさにSDGsな「とろとろ炙り軟骨ソーキ」

沖縄のお祝い事や法事のときはこの行事食を調理するのに大変時間と労力をかけますが、こういう便利な商品を上手に使うと手軽に簡単便利にちゃちゃっと準備できますね。

温めて終わり、これサイコー。

こんなにシンプルで素敵な世界はございません。

オキハムの琉球料理シリーズ「炙り軟骨ソーキ

ぜひお試しください。

それではまた!

スポンサーリンク

オキハム琉球料理シリーズ

【オキハム琉球料理シリーズ】味も染みてる!炙り軟骨ソーキ
【オキハム琉球料理シリーズ いなむどぅち】お祝いの席には欠かせない!
【オキハム琉球料理シリーズ 中味汁】沖縄版もつ鍋の決定版
【オキハム琉球料理シリーズ イカ汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 山羊汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ てびち】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 牛汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム ソーキ汁】琉球料理シリーズ簡単お手軽おすすめの一品

コメント

タイトルとURLをコピーしました