【オキハム 琉球料理シリーズ 牛汁】お手軽簡単でおすすめ

オキハムのソーキ汁でお手軽簡単沖縄料理

どーも!グッチー@沖縄エンジョイ!です。

沖縄旅行の中で沖縄料理が楽しみ!という方もいらっしゃいますよね。

でもなかなか沖縄に行きたくても行けない・・・というのもまた事実。

そんなとき気軽に沖縄の風を感じることができるのが、

オキハム」さんが提供している「琉球料理シリーズ」

てびち、中身汁、ソーキ汁、イカスミ汁、いなむどぅちなどなど。

楽天市場などネットショップでも気軽購入することができるし、常温保存で管理も楽なので、全国どこでも楽しむことができます。

今日の紹介は「牛汁」です。

豚汁、山羊汁があれば、牛汁だってあっていい!!

沖縄で牛汁を食べる機会と言えば新築住宅の棟上げ式。
牛汁か山羊汁が出てきますよね。

沖縄大好きな方は必見ですよ。

牛汁
スポンサーリンク

もつも入っている「オキハム 牛汁」

牛汁

オキハムさんのレトルトパウチシリーズ。

常温保存もできて調理も簡単。

沖縄県内のサンエー、かねひで、りうぼう、ユニオンなどウチナースーパーであればたいてい沖縄料理レトルトシリーズを売っていると思います。

場所によっては「沖縄ホーメル」さんの商品の場合もあります。

今回はオキハムさんの「牛汁」。

まずはパッケージの確認。

「オキハム琉球料理シリーズ」の一つ。

常温保存の文字から郵送することも可能なので、沖縄の味を届けたいときに助かりますね。

県外の大学に進学するお子さんへの差し入れにも最適。

しかも今回の牛汁は「もつ入り」の文字。

それでは裏面をチェックしてみましょう。

裏面

裏面は調理方法などが記載されています。

いつものうちなーアンマーの絵。
エプロンがアメリカ―ですね。

勝手に名前を「沖ハム子」にしています(オキハムさんごめんなさい)。

続いて商品の栄養成分表示チェック、

  • 1袋400g
  • エネルギー176kcal
  • たんぱく質31.2g
  • 脂質3.2g
  • 炭水化物6.0g
  • 食塩相当量3.3g

ソーキ汁と比べるとカロリー少なめだけど、たんぱく質多め。

そして原材料

  • 食肉等(牛肉、牛もつ)
  • 野菜(大根、にんじん、ゴボウ)
  • 昆布
  • しょうゆ
  • 粉末牛スープ
  • 食塩
  • かつお風味だし
  • おろし生姜/カゼインNa
  • 調味料(アミノ酸等)
  • (一部に小麦、乳成分、牛肉、大豆を含む)

いろいろ味付けされてますね。

温め方は次の2パターン。

  • 袋の封を切らず5分温める。
  • お鍋に直接移して温めて食べる。

なるほど、いずれにしても鍋ですか。

今回はレンジです。

3月に購入した商品ですが、賞味期限が22年1月16日です。

一年近くは賞味期限が持つんですね

買いだめするのもいいかも。

いろんな料理シリーズが発売されているので、まとめ買いしてお好みのシリーズを探すのもいいですね。

スポンサーリンク

いざ開封の儀

いざ開封!

脂が固まっていますね。

結構こってりなのかな。

牛モツのブツブツが苦手な方もいるでしょうが、おいしいので食べて下さいね。

今回はお鍋を使わずレンジでチン。

レンジでチン

肉がはじける可能性もあるので、フタはお忘れなく。

あまり熱くなり過ぎないように、1分だけ温めました。

レンジ後

温めると脂も溶けておいしそうなスープに大変身。

結構具だくさんです。

それではいただきます!

スポンサーリンク

実食

実食

まずお肉。

よく煮込まれているので、やわらかくてとってもジューシー。

肉

プルプルですね。

牛もつも臭みもなく食べやすいです。

もつ

次に、大根いただきます。

大根

大根もいいお味してますね~。

一口サイズで食べやすくちょうどいい。

苦くないので子どもにもおすすめです。

続いて一本でもにんじんさん。

にんじん

結構煮込まれているのか、ボロボロ感もあります。

そして昆布です。

昆布

ザ沖縄材料の昆布。

重箱にもある昆布。

昆布がない沖縄料理なんて信じられない。

おいしくておいしくてお口がとまりません。

ボリュームがありますので、この牛汁だけでお昼満足できます。

完食

骨がないのでゴミも出ない。
なんてエコなんだ。

大変おいしゅうございました(^^♪

ごちそうサマーウォーズ♪

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

今回はもつ入りでしたが、もつが苦手な方にはちょっときついかもですね。

味付けはあっさりかつおダシ。
うすいと思った方は、ちょっとしょうゆをたらすといいかもですよ。

オキハムといえば読谷村にある工場のでっかい豚と牛の像

58号線を恩納村向けに走らせると左手に見えてきます。

でかい豚と牛の置物がありますのですぐわかりますので。

牛汁食べたいなーというときに、近所のスーパーにある「オキハム 牛汁」探してみてください。

「牛汁(ぎゅうじる)」飲んで、世間を牛耳るのもまたありなん。

県外に住んでいて沖縄の風を感じたいという方も、ネット通販等で購入することができますよ。

気軽にぽちっとお試しください。

カロリー低めでたんぱく質豊富なので、低糖質ダイエット中の方もぜひ。

オキハムの琉球料理シリーズ、常温保存もできていろいろ試せておすすめですよ~。

それではまた!!

スポンサーリンク

オキハム琉球料理シリーズ

【オキハム琉球料理シリーズ イカ汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 山羊汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ てびち】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 牛汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム ソーキ汁】琉球料理シリーズ簡単お手軽おすすめの一品

コメント

タイトルとURLをコピーしました