【オキハム 琉球料理シリーズ てびち】お手軽簡単でおすすめ

オキハムのソーキ汁でお手軽簡単沖縄料理

どーも!グッチー@沖縄エンジョイ!です。

沖縄旅行の中で沖縄料理が楽しみ!という方もいらっしゃいますよね。

でもなかなか沖縄に行きたくても行けない・・・というのもまた事実。

そんなとき気軽に沖縄の風を感じることができるのが、

オキハム」さんが提供している「琉球料理シリーズ」

牛汁、中身汁、ソーキ汁、イカスミ汁、いなむどぅちなどなど。

楽天市場などネットショップでも気軽購入することができるし、常温保存で管理も楽なので、全国どこでも楽しむことができます。

今日の紹介は「てびち」です。

てびちわかりますか?

そうです、「豚の足」ですよ。

豚の足ですが、とことん煮込むとコラーゲンたっぷりのプリプリジューシーお肉に大変身するんです。

沖縄食堂に入ったら、だいたいどこのお店もある「てびち」。

なんとオキハムさんの「てびち」は骨の髄まで食べることができるんですよ。

沖縄大好きな方は必見ですよ。

てびち
スポンサーリンク

骨の髄まで食べられる「オキハム てびち」

てびち

オキハムさんの琉球料理シリーズ。

常温保存もできて調理も温めるだけの簡単レシピ。

沖縄県内のスーパーであれば売っている定番商品です。

「沖縄ホーメル」さんも同じようなレトルト商品を展開しています。
あのソウルフード「SPAM」を販売しているのが沖縄ホーメルさんです。

今回はオキハムさんの「てびち」。

まずはパッケージの確認。

常温保存の文字から郵送することも可能なので、県外発送も超簡単。

贈答用ギフトにももってこいです。

てびちもソーキ汁と同じく「みそ別添」なんですね。

それでは裏面をチェックしてみましょう。

みそ別添がぺったんこされていますね。

調理方法が見えないのでべりべりはがします。

おぉ、いつものエプロンアメリカ―の沖ハム子さん。

温め方は次の2パターン。

  • 熱湯でお鍋のフタを閉めず8分温め、粉末みそを加えてよく混ぜて食べる。
  • お鍋に直接移して温めて食べる。加熱後に粉末みそを加える。

なるほど。

琉球料理シリーズの温め時間5分が多い気がしますが、てびちは8分間です。
しっかり温めましょう。

続いて商品の栄養成分表示チェック、

  • 1袋400g
  • エネルギー372kcal
  • たんぱく質28.8g
  • 脂質26.0g
  • 炭水化物6.0g
  • 食塩相当量2.3g

たんぱく質と脂質が多めな感じ。

そして原材料

  • 骨付き豚足
  • 野菜(大根、にんじん、ねぎ)
  • 昆布
  • 食塩/調味料(アミノ酸)

「骨付き豚足」というのが直接的でいいですねー。

味付けもシンプルなようです。

レンジでチンが多いですが、今回はお鍋で温めてみました。

鍋

あぁ、なんだかハム子さんを煮込んでいるようで心ぐるしい・・・

一年近くは賞味期限が持つので、買いだめするのもありです。

中身汁、ソーキ汁、てびちと豚肉汁を制覇するあなたは沖縄通です。

スポンサーリンク

いざ開封そして実食

いざ開封の儀

いざ開封!

温めて封を切ったので、脂が溶けてスープがテカテカですね。

ここで「みそ別添」を投入します。

みそ別添

シンプルなかつお出汁でもいいですが、こってりみそ味もいいもんです。

みそ入り

牛モツのブツブツが苦手な方もいるでしょうが、おいしいので食べて下さいね。

う~ん、みその香りがぷーんと漂ってくる。

おいしそう。

早速お肉のてびちからいただきます。

てびち

プルプルですね。
豚の足ですよ、豚の足。

「それだけで苦手」という意見も聞いたことがある。

でもこれがコラーゲンたっぷりで美容にも健康にもいいと聞いたら食べたくなりません??

続いて野菜行きます。

まず大根。

大根

ほくほくですねー。

野菜の中では大きく切られているので、食べ応えがあります。

次ににんじん。

にんじん

にんじんは大根に比べて小さいですね。

大根にんじんなどがゴロゴロ大きいみそ汁は最高なんですよね。

みそ汁がおかずになりますから。

そして常連の昆布さん。

昆布

昆布もやわらかいです。

琉球料理シリーズでは、昆布は基本1個だけですね。

そしてこのオキハムさんのてびちがすごいところが、「骨の髄までしゃぶりつくせ」なんです。

ほね

骨が残るんですけど、この骨をチューチュートレインで吸い上げるとなんとまあこのまま中身だけがひょっこりはんででてきてくれます。

ほら!

すごいでしょ!!

ここまでクタクタになるほどお肉を煮込んでいるってことですよ。

煮込めば煮込むほど脂も落ちますからね。
残っているのはコラーゲンですよ、ほぼ。

残り

ほんと最後は骨だけになりました。

大変おいしゅうございました(^^♪

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

今回は別添のみそを入れてみましたが、しょうゆ派の人はちょっとしょうゆと塩で味付けして食べてもいですね。

てびちは好みが分かれると思います。

やっぱ豚の足って聞いたら「食べるのはちょっと・・・」と思いますよね。

そんなあなたに「オキハム てびち」はおすすめなんですよ。

食堂に入っててびちを注文したらてびち残せませんよね?

でもまずは自宅でてびちにだんだんと慣れていくのもいいんじゃないですか。

お肌が天然コラーゲンの力でお肌がプルプルになるかもしれません。

自宅で簡単に調理できる「オキハム てびち

沖縄のスーパーに入ればたいがいありますし、ネット通販等で購入することも可能です。

オキハムの琉球料理シリーズ、常温保存もできていろいろ試せておすすめですよ~。

それではまた!!

スポンサーリンク

オキハム 琉球料理シリーズ一覧

【オキハム琉球料理シリーズ イカ汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 山羊汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ てびち】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム 琉球料理シリーズ 牛汁】お手軽簡単でおすすめ
【オキハム ソーキ汁】琉球料理シリーズ簡単お手軽おすすめの一品

コメント

タイトルとURLをコピーしました