スポンサーリンク

あがり家の赤ラー油そばを10月17日「沖縄そばの日」に食べる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラー油そば

10月17日は「沖縄そばの日」ということをご存じでしょうか
今年はラジオをはじめうちなーメディアで頻繁に取り上げられていて、そのおかげか17日の夜は「沖縄そばでも食べにいくさ」とばかり、お店は混んでおりました。

そんななか、お気に入りである浦添市伊祖の「あがり家」で、辛いもの好きにはたまらない「赤ラー油そば」を堪能してきたので、レポします。

スポンサーリンク

「沖縄そばの日」って?

毎年10月17日は「沖縄そばの日」です。
その由来は1978年10月17日に、公式に「沖縄そば」という名称が認可されたことにあります。
沖縄が日本に復帰した後、厳密にはそば粉を3割以上使用していないと「そば」とは呼んでいけないというルールの中、小麦粉を主な原料としている「沖縄そば」は「そば」として認められていませんでした。<中略>沖縄生麺協同組合を中心にこの名称を存続しようという活動の末、1978年10月17日、公正取引委員会により「沖縄そば」という名称が認定されました。

「すば沖縄そば情報ポータルサイト」より引用 https://suba.okinawa/special/sobaday/

だそうです。

子どもの頃から沖縄そばばかり食べていたら、沖縄そばこそ「ソバ」と思うさぁ。

まぁ、沖縄そばのすごいところは、BBQにおいては麺が焼きそばに転用できるというところでしょうか。

スポンサーリンク

「あがり家」について

「とろとろ軟骨ソーキと創作沖縄そば あがり家」として、ちょっとした有名店ではないでしょうか。

沖縄そばも楽しめますが、夜は焼き鳥メインの居酒屋さんもやっています。

我が家ではそばでの利用が多いですね。

場所はこちら。

浦添市伊祖の「マックスバリュ伊祖店」敷地内にあります。

駐車場はありますが、モール共用の駐車場のため混みがちです。

住所:〒901-2132 沖縄県浦添市伊祖2丁目19−3

スポンサーリンク

創作そばが自慢

あがり家といえば、「とろとろソーキ」がおすすめですが、辛いもの好きな私は今回「赤ラー油そば」を注文。

大辛、中辛、小辛と辛さのレベルを選択できます。

今回は中辛をセレクト。

赤ラー油そばを注文すると、ゴマがやってきます。
ゴマをすりすりして、そばの到着を待ちます。

ごますり
子どもが喜んでやります。飛ばしまくりですが

そしていよいよ辛いそばのご登場です。

この真っ赤さ。見るからに辛いですね~。

麺にもしっかり辛みが絡みます。

正直中辛も辛いです。しかし、唐辛子の辛さ中にも肉みその甘さ、そしてシャキシャキ野菜の歯ごたえが辛みとマッチして、どんどん食べることができます。

あがり家のポイントは、漬物と黒糖と飲み物がフリーなところでもあります。

黒糖

アイスティー、アイスコーヒーも飲めます。ちなみに普段はランチのみ、このサービスがついています(この日はそばの日なので夜もやっていました)

辛いそばをハフハフしながら、食べきります。このときには鼻水ボーボーです(*_*;

完食

ごちそうさまでした!(^^)!

スポンサーリンク

〆はキャンディアイスなのだ!

辛いそばを食べてお口の中が火ーボーボーになったら、最後はアイスを買って食べます。

レジ横に冷蔵庫があるので、毎回お口直しに買って帰ります。

一本30円です、確か(まとめて払うのでよくわからない・・・)

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

浦添市伊祖にある創作沖縄そば「あがり家」は安室奈美恵さんへの愛が溢れる、おいしいそば屋さんです。

夜は焼き鳥メインの居酒屋になるので、昼夜と楽しめます。

今回は赤ラー油そばを注文しましたが、その他のおすすめはとろとろソーキそば、わさびそばなどたくさんあります。

次回以降も少しずつ紹介できたらと思います。

今日食べた赤ラー油そばの点数は・・・

★★★★★

星5つです!!(^^)

いつもリピートして食べています。

辛いもの好きな方、ぜひチャレンジしてみてくださいね!!

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました