スポンサーリンク

【沖縄観光】ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチのオーシャンパークで遊ぶ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はいさい!ぐすーよーちゅうがなびら。

今日はANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチの「万座オーシャンパーク」で遊んできました。

ホテル外観
ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチ

ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチのHPはこちら。

【公式】ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート|沖縄の高級リゾートホテル
美しいサンゴ礁と国定公園指定のエメラルドブルーに輝く海で埋め尽くされた、贅沢なオーシャンビュー。ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、大自然に囲まれた沖縄を高級感溢れる重厚な空間で堪能できる、国内屈指のプレミア・リゾートホテル。お子様連れでもご家族で思い出に残る究極のリゾート体験が味わえます。

レストラン「AQUA BELL」の記事はこちら。

スポンサーリンク

万座オーシャンパークって?

「大人も子どもも思いっきり遊ぼう! 国内最大級の海上アスレチックです」をモットーに、万座ビーチに展開されている一大エアー巨大遊具です。

https://www.anaintercontinental-manza.jp/activity/marine/ocean-park.html
オーシャンパーク
オーシャンパーク

海の上にプカプカ浮いているので、歩くだけでもぐらぐらして大変です。

ここで遊んだ翌日は「確実に筋肉痛」に陥ります。

一度海に落ちると足場もなく海の中から上半身だけを使って遊具の上に登らないといけないのです。

胸筋肉が痛みます( ;∀;)

ちなみに今年の夏、巨大海上遊具で小学生の女の子が亡くなってしまうという悲しい事故がありました。

その影響か今年のオーシャンパークでは、監視員が遊具の上に複数配置されておりました。

落ちたときは助けてもくれるので感謝です。

スポンサーリンク

レンタル必死の「パラソル」

10月と言えどまだまだ暑い沖縄。

パラソルのレンタルは必至です。奥の方は無料で借りることができるようですが、海が見えないと荷物の盗難が心配なので、ここはお金を払って借りました。値段は3000円です。
(ちなみに更衣室にはコインロッカーがあります)

パラソル
お母さんは荷物の監視です

それではいざ!海の中へ!!

スポンサーリンク

遊具の上はカメラ禁止!

遊具に入る際、ビーチカウンターでジャケットの着用が必要です。
そして遊具の上はカメラ禁止。なので、アクティブな写真を撮ることはできません。

海の写真
近づいてもこれくらい・・・

まぁ、遊具の上でカメラを海の底に落としたら、足が届かないので取ることは至難の業です。

スポンサーリンク

幼児はあまり楽しめないかも・・・

赤い遊具は幼児向きですが、いかんせん「グラグラ」がすごいので、幼児にはあまり向いていないかもしれません。

内の下の男の子(6歳)がやっと楽しんで遊んだくらいです。そもそも大人もぐらぐらしてみんな転びまくりです。

幼児さんは砂浜で砂遊びが楽しいでしょうね。

砂浜
広い砂浜

波打ち際からパラソルまでの距離がコチラ。

パラソル
結構距離がある

オーシャンパークで遊びに夢中になっているとついつい荷物の監視が緩んでしまいます。

貴重品はコインロッカーを利用しましょう(現金300円)

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

万座オーシャンパークは夏の沖縄の定番になりつつあります。

その他実施ているホテルは、カヌチャやかりゆしホテルなど、県内あちこちのホテルで海水浴シーズンに開催されています。

宿泊予定の方は、宿泊先でオーシャンパークが実施されているか要チェックですよ。

それではまた!ごきげんよう!!

<沖縄子連れおすすめホテルまとめ>

コメント

タイトルとURLをコピーしました