【Monoログ】手帳のしおりを年末までにきれいに使う方法

【Monoログ】手帳のしおりを年末までにきれいに使う方法
PHOTO BY 写真AC

どーも!グッチー098takashiです。

手帳についているつづりひもって、使い始めのうち最初はきれいですけど時間がたつと、だんだんほつれてきて見た目が悪くなりますよね。

いろいろ考えた結果、お金もそんなにかからず最後まできれいに使う方法を考えました。

おついで簡単手軽にできますので、手帳のつづりひもを最後まできれいに使いたいと考えている方は必見ですよ・

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
グッチー@098takashi

沖縄生まれの沖縄育ち。40代お父さんの休日は子供の遊び場や家族で出かける場所を探して沖縄のあっちこっち(ありんくりん)をめぐっています!

グッチー@098takashiをフォローする

年末にはちょび髭状態になってしまう手帳のしおり

手帳についているひも状のしおり。

使っていると先っちょからほどけて、年末には「ちょびヒゲ状」に広がってしまうことないですか。

私の場合は以下の方法で先っちょをコーティングして、年末まで カッチカチなしおりを使用しています。

1.まずは糊を塗る

仕組みは簡単。

「のりで固める」のです。

のりで固める

いらない紙の上にしおりを置いて、上からのりをぬりぬりします。

ひっくり返して裏もぬりぬり。

2.乾燥させる

続いて、しおりのさきっちょがほかのところにくっつかないように、ぶらぶらさせて干します。

乾燥させる

3.カバンにしまうときは中に織り込む

カバンにしまうとき、しおりが出たままだとカバンの中で他のものと接触し、しおりの痛みが早くなってしまいます。

のりでかっちかちになって結構丈夫になりますが、使い方がハードだと固くないところがぐずぐずになってしまいます。

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

手帳のしおりのつづりひも、手帳からはみ出すことが多いので結構目立ちますよね。

はみ出たひもがカッチカチでピンッ!としていると、気持ちいいですよね。

手帳のしおりに困っている人はぜひお試しください!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました