スポンサーリンク

【沖縄ビーチ】西洲海岸でサンゴと海の生き物観察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【沖縄ビーチ】西洲でサンゴと海の生き物観察

3月になり、沖縄も春らしく暖かい日がつづくようになりました。

サンエー浦添西海岸パルコシティの近くにある「西洲海岸」

干潮の時は遠浅の海が続き、磯の生き物観察に最適です。

パルコシティの目の前の海ともつながっているので、遠浅の海を散策するのも楽しいですよ。

沖縄観光でサンエー浦添西海岸パルコシティでショッピングへ行く方は必見です。

スポンサーリンク

西洲海岸でサンゴと海の生き物観察

西洲海岸でサンゴと海の生き物観察

西洲(いりじま)海岸は、浦添市西洲にある卸商業団地組合の埋め立て地のそばにある海です。

埋め立て地の道路沿いが、防波堤の作りになっています。

防波堤

西洲海岸に駐車場がありません。

防波堤沿いが商業団地組合の駐車場化されていますが、海岸の駐車場ではないので間違えないでくださいね。

駐車場

ちなみにこの駐車場部分。

以前は雑木が立っていましたが、一昨年の台風で軒並み倒されいまではすっかりきれいな駐車場となってしまいました。

木が軒並み倒れた景色は壮絶でしたが・・・

今では想像もつきません。

また、海に降りるのであれば、必ず干潮の時間に行きましょう。

<いつも参考にしている潮時サイト「潮MieYell」>

満潮時は普通の海です( ;∀;)

まぁ、海を眺めながらただ弁当を食べるのもおつですが。
(私はよくやっています)

弁当
新発売の牛すき重弁当

ほっともっとなら、スマホで簡単注文できますよ。

スポンサーリンク

アクロバチックにはしごを超えて

はしご

防波堤を越え海側へ行くには、はしごを利用します。

このはしご。

以前はある程度の間隔ではしごが設置されていました。

今では壊れていたり、壊れかけたはしごになっているので、数が少なくなっています。

気を付けて登りましょう。

はしごを登ると次はおります(当たり前ですが)。

おりる

降りたところはこんな感じ。

はしご

はしごを降りるとそこにはきれいな海が広がっています。

いざ散策です!(^^)!

スポンサーリンク

ナマコ、ウニ、ヒトデ、魚

ナマコ

観察できるのは、ナマコ、ウニ、カニ、ヒトデ、小さな魚たち。

以前はウミヘビもいましたよ。

あとヤドカリもいますね。

それでは今回観察した生き物みてみましょ。

人で
ヒトデ
うに
ウニ
ヤドカリ
でてきませんがヤドカリです
カニ
カニ
シャコガイ
シャコ貝
コバルトスズメ
コバルトスズメ、見えますか?

小さなお子さんははしごを越えるのが難しいと思いますが、小学校低学年なら観察用のミニ水槽を持っていって、生き物観察するのもいいですね。

かなりの遠浅なので、おぼれる心配がありません。

が、目を離さないように!!(たまにウミヘビもいますので)

スポンサーリンク

サンゴもたくさん

サンゴ

都会の海岸ですが、意外とサンゴの群体が広がっているので、びっくりすると思いますよ。

さんご
サンゴ

そして圧巻だったのはこちら。

ここから先全部サンゴですよ。(トゲトゲ全部出ているところ)

さんご

豊かな海が浦添の海岸にも広がっていますが、将来的には那覇軍港移設に伴い埋め立てされる予定です。

もったいない・・・

経済発展か、自然保護か。

悩ましいところです( ;∀;)

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

モリ
誰かの忘れ物のモリ

いかがでしたか。

沖縄に遊びに来てもあまり時間がないというとき、

  1. 那覇の波の上ビーチで泳ぐ。
  2. サンエー浦添西海岸パルコシティでショッピングする
  3. 沖縄のサンゴ礁散策

というのも、一日都会コースとして良いのではないでしょうか。

リゾートホテルの設備が整ったビーチもいいですが、こういうサンゴ礁で生き物観察できる海岸もおすすめですね

沖縄観光の際はぜひ参考にしてください。

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました