スポンサーリンク

【沖縄観光】ブセナ海中公園のグラスボートと海中展望塔

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【沖縄観光】ブセナ海中工公園のグラスボートと海中展望塔

沖縄観光と言えば海。

でも、

泳ぐのが苦手、だけどきれいな魚を見てみたい!

子供が小さいので、泳ぐことが難しい・・・

そんなファミリーや高年齢層の方々におすすめなのが、ブセナ海中公園。

きれいな海、グラスボート、潜水艦のような海中展望塔で海中のきれいな魚たちを観察することができます。

ファミリーや三世代で沖縄観光を検討している方は必見です。

スポンサーリンク

ブセナ海中公園について

ブセナ海中公園について
ブセナ海中公園HPより引用

ブセナ海中公園の基本情報はこちら。

(一財)沖縄観光コンベンションビューロー ブセナ海中公園事業所
沖縄県名護市字喜瀬1744-1

TEL.0980-52-3379
FAX.0980-53-0675

場所的にホテル「ブセナテラス」が運営していると思いきや、コンベンションビューローが運営しているんですね。

国道58号からブセナホテルに入り、警備員さんに「海中公園です」と言えば、駐車場を案内してくれます。

公園内はシャトルバスが走っています。

バス

「部瀬名貝塚」という歴史ある場所でもあります。

看板

部瀬名貝塚(名護市役所HP)

そして部瀬名岬は、沖縄海岸国定公園として保護され、きれいな魚たちを見ることができるスポットとなっています。

看板

それでは早速グラスボート乗り場を目指しましょう。

スポンサーリンク

券売所から乗り場まで遠い・・・

駐車場から乗り場まで遠い・・・
遠く乗り場を望む

券売所は駐車場のすぐそばにあります。

券売機

券売機でチケットを購入します。

チケット代

チケットは、

海中展望塔
大人:1050円(高校生以上)
小人:530円(4歳から中学生)

グラスボート
大人:1560円(高校生以上)
小人:780円(4歳から中学生)

海中展望塔+グラスボートセット料金
大人:2100円(高校生以上)
小人:1050円(4歳から中学生)

ですね。

今回はせっかくきたので、セットにしました。

ちなみに営業時間は

4月~10月 9:00-18:00 最終入場17:30
11月~3月 9:00-17:30 最終入場17:00

です。

グラスボートの運航時間は、

4月~10月 (毎時)10分・30分・50分  12時は10分・50分
※始発便 9:10 最終便 17:30

11月~3月 (毎時)10分・30分・50分  16時は10分・30分
※始発便 9:10 最終便 17:00

です。

チケット券売所からグラスボート乗り場まで結構距離があるので、乳幼児や高齢者には先ほどのシャトルバスの利用をおすすめします。

でも、景色を眺めながら歩くのも楽しいですよ。

ブセナテラス
ブセナテラス
桟橋
海岸

まずはグラスボート乗り場に到着。

乗り場

乗る前に記念写真撮影。

写真

それでは乗り込みましょう!

スポンサーリンク

魚のえさやり体験

魚のえさやり

桟橋でさかなのおやつを購入できます。

釣りが禁止ということもあって、桟橋の上からでもたくさんの魚を見ることができます。

ブセナ海中公園の魚たち

もちろんグラスボートからエサをあげることも可能です。

エサ

おもしろかったのはハリセンボンがたくさんおよいでいたこと。

うちなーぐちで「アバサー」といいます。

アバサー
ハリセンボン軍団

お姉さんがハリセンボンを一匹つかまえて見せてくれました。

ハリセンボン
ハリセンボン

ちなみに、ハリセンボンに指をかまれたら大ケガしますからね。

持つときは気を付けて!!

リリースしてもしばらくは怒ったまま(^^)

魚のおやつをもって、いざボートへ乗り込みまーす。

乗る

この日は強風で結構ゆれましたね~💦

強風

ほどなくボートの底の景色に、サンゴ礁が見えてきました。

底

強風で揺れるときは、底ばかりずっと見ていると船酔いしてきます・・・

グラスボート底の風景

魚が集まってきたらボートから魚へエサあげも可能。

魚たちもよくわかっているようで、たくさん寄ってきます。

グラスボートからのエサあげ

女性陣は船酔い加減でしたが、男性陣はテンションMAXで楽しみました。

時間としては15分から20分くらいですかね。

スポンサーリンク

つづいて海中展望塔

つづいて海中展望塔です。

これはインスタ映えしますね。

サンばし

歩く後ろ姿もカッコイイ!

後ろ姿

入り口でチケットを見せるとそのまま入場できます。

急な螺旋階段となっていますので、気を付けてくださいね。

いりぐち
階段

ついたところはこんな感じです。

この窓一つ一つから海中をのぞくことができます。

子供の視線の高さのところもあるので、自分で見ることができるのは助かりますね。

こども

こういうのは子供より親の方がハマってしまうので。

海中
ブセナ海中公園展望塔からの景色

面白いなーと思ったのは、波の動きに合わせて魚たちが前後するところ。

水族館では決して見ることができない、本当の海中の様子というものを見ることができます。

ずっと見ていても飽きないですね。

子供は10分くらいで飽きますが・・・

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

ぶせな

いかがでしたか。

ブセナ海中公園。

今回初めて訪れてみましたが、意外とおもしろかった(^^)

ブセナテラスに宿泊しなくても自由に入ることができますので、沖縄観光のコースとして組み入れてもいいですね。

そしてブセナテラス。

お高くて泊ったことは一度もないけれど、

「いつか泊ってやるからな!!」

という思いを秘めながら、海中公園をあとにしました。

待ってろよ!ブセナテラス!!

ブセナテラs
見るからに高級感

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました