スポンサーリンク

【沖縄生活】夏至の日に372年ぶりの日食

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【沖縄生活】夏至の日に372年ぶりの日食

はいさい!ぐすーよーちゅうがなびら。

2020年6月21日、なんの日かわかりますか?

そうです、2020年の夏至の日なんです。

夏至の日は昼と夜の長さが同じになります。

そんでもって、2020年今年の夏至の日は一大天体ショー「日食」が起こったんです。

夏至の日に日食が起こるのはなんと372年ぶりだそうです。

これは観察するっきゃない!

ということで、当日慌ててサンエーに駆け込みましたが、「すでに売り切れました」ということでした。

まぁ、みんな考えることは一緒なんですね( ゚Д゚)

しかーし、これであきらめるわけにはいかない!!

というわけで、なんとか撮影にチャレンジしたのであります。

スポンサーリンク

曇り空の向こうに

曇り空の向こうに

この日はあいにくの曇り空。

日食なんて見えるのか??

そう思っていた矢先。

曇り空以上に空が暗くなってきました。

そうです日食のスタートです。

その昔、金環日食を沖縄で観察したとき、セミが鳴き止んだのがとても印象的でした。

今回は部分日食だったためか、セミくんもガンガン鳴いていましたね。

しばらくすると、曇り空からなんと日食ぽく見えるではないですか!

2色

おぉ、これは曇りで逆にラッキーじゃね??

ということで、急遽デジカメを持ち出しスタンバイ。

雲と太陽が重なる瞬間を待ちました。

スポンサーリンク

雲という大自然のフィルターを通して

雲という大自然のフィルターを通して

日食も進み、だいぶ暗くなってきました。

時間にして午後5時ころ。

食が最大になったころ、チャンスが突然訪れました。

デデーン。

日食

ちょっとー!

曇り空のおかげで結構きれいに撮れてないですか!?

太陽というよりまるで三日月ですね。

日食

天体観察で曇り空でも、逆にいい場合ってことがあるんですね!(^^)!

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

日食用サングラスが無くても焦ることはありません。

曇りを狙えばいいんです。

ただし、曇り空でも太陽を見ることは大変危険です。

曇りは曇りでも「がっつり雲」と重なる瞬間、日食が見えるだけです。

やはり太陽は直視してはいけません。

次回の日食に備えて、今のうちに日食サングラスを探しておきます。

次の日食は2023年4月20日だそうです。

3年後か。

絶対買うの忘れてそう。

今買っても無くしてそう・・・

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました