スポンサーリンク

【Monoログ】YmobileでiphoneSEからiphone7に機種変更とダイソーグッズを試す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【Monoログ】iphone7に機種変更してダイソーのケースを試す
YmobileHPより

はいさい!ぐすーよーちゅうがなびら。

昨年末、YmobileでiPhoneSE32GBからiPhone7の128GBへ機種変更しました。

機種変更に当たって、ダイソーでいろいろiPhoneグッズを試したのでそのレポです。

この記事でわかること

  • 機種変更の店頭とオンラインストアのメリット、デメリット
  • ダイソーのiphoneグッズ
スポンサーリンク

オンラインストアと店頭機種変更どっちがお得?

【Monoログ】iphone7に機種変更してダイソーのケースを試す

今回Ymobileで機種変更するにあたり、

  • オンラインストア申し込み
  • 店頭申し込み

の2パターンがありました。

私は「店頭申し込み」を選択しました。

理由は「その日でゲットしたかった」ということです。

ちなみに店頭には事前に予約をして行ったので、申し込みから機種引き渡しまで1時間程度でした。

これがオンライン申し込みだと、申し込み後数日かかって沖縄まで郵送されてきて、その後自分で設定して等々含めると、トータル1週間弱かかる想定です。

ただし、店頭申し込みの方が1万円ほど高くなります

これを店員さんに聞くと、「ショップの対応があるかないかの差ですかね」と言うことでした。

まぁその通りだと思いますが、

  • 早さと正確さを求めるなら店頭
  • 価格を求めるならオンラインストア

ですね。

Ymobileでiphone7への機種変更メリット・デメリットまとめ

メリットデメリット
店頭・即日引き渡し
・設定を店員がしてくれる
・機種代金が高い
・在庫がない場合もある
オンライン・機種代金が安い
・在庫がある
・手元に届くまで時間がかかる
・自分で設定する必要がある

ちなみにオンラインストアのサイトから店頭在庫の確認ができますので、そこから店舗を確認して購入に行くことも可能です。

スポンサーリンク

ダイソーのiphone7グッズ

ダイソーのiphone7グッズ

iphone7購入してダイソーなんて??と思っているあなた。

ちまたの家電ショップ、携帯ショップでは逆に7対応の商品が少ないのです。

11やX対応商品ばかり。

Amazonで注文するにしても時間がかかる・・・

しかしその間にケースがないと不安!

ということで、困ったときのダイソーへ。

ダイソーのiphone7関連商品は種類が豊富!

ちなみにiphone7と8と6は同じ大きさのようで、ケースも共通して販売されています。

この商品間で融通がきくところが、ダイソーでも商品が多い理由でしょうね。

まずは「360°ガードケース」

まずは「360°ガードケース」

これはぐるっと前面後面も覆うタイプ。

前面
前面
裏面

ケースが透明なので、iphone7の本体の色も活かすことができるデザイン

ただ、プラスチックと言うとことが強度に不安を残します。

あと、落とした時に、カバーがパカッと外れそうな懸念がある。

見たことあるデザイン「ハードタイプ」

見たことあるデザイン「ハードタイプ」

どこかのメーカーが似たようなものを作っていると思いますが、この辺はダイソーの商魂たくましいというところ。

内側も結構しゃれた感じですね。

ちなみにこのハードタイプには、リング付きのタイプもあります。

ハードタイプの問題点

そしてハードタイプの問題点がコチラ。

ボタン

マナーモードボタンが奥まってしまい、切り替えにくい💦

爪が伸びていないと厳しいですね・・・

これで私の選択肢からハードタイプが外れました。

ごつくてもいい人はハードタイプでもいいかもしれません。

ただし、それではiphone7のメリットである薄さが犠牲になりますので。

燃えるような赤のケース

あかのケース

比較的気に入ったのがこちらの赤のケース。

「赤しかなかった」というのが正直なところですが、赤色は好きなので購入してみました。

ちょっと心配されたのは、若干レンジにケースがかぶっているように見えます。

しかし、カメラ画面を確認すると、その問題は見られませんでした。

このケースはごつくもなく、プラスチックよりはしっかりした感もあって、何よりストラップホールがあるので、ストラップ派の私は当面こちらでいくことにしました。

スポンサーリンク

自撮り棒を買ってみた

カメラの性能が上がるので、その性能を最大限活かすため写真を撮りまくってみようと思い、自撮り棒を購入してみました。

つくりは非常にチャチい感じがあります・・・

自撮り棒

しかし、この自撮り棒をパワーアップさせる秘密兵器がこちら。

シャッター

「Bluetootheリモートシャッター」

対応機種にはiPhoneとGALAXYが載っていますね。

Bluetoothなので、たいがいいけると思います。

電池はボタン電池式。

電池はボタン

問題は自撮り棒とシャッターが別々なところ。

これでは持ち運びに不便ということで、とりあえずゴムでくくってみました。

まぁこれでもBluetoothだと接続作業が出てくるので、撮影の時ひと手間はかかりますね。

スポンサーリンク

ガラスフィルムだってあるダイソー

ダイソーにはiphone7対応のガラスフィルムあります。

ガラスフィルム

私は風呂場で湯気を発生させて、ほこりが飛ばないようにして自分でフィルムを張り付けています。

この辺はYoutubeなどで「フィルム 貼り付け」で検索すると、教えてくれる動画がでてきます。

張り付けてみたところ、画面ギリギリの大きさでした。

全面をおおうわけではない

全面保護を求める方には物足りないところですね。

全面保護を求めるなら家電ショップあるいは携帯専門店で高機能のものを探すとよいでしょうか。

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

iphoneのダイソーグッズも結構あります。

クオリティは自己責任でお試しいただきたいところですが、「ケースが割れた!」というときには次のケースを探すまでの間の応急的使用ができるともいます。

今後は自撮り棒も活用していろいろな沖縄の見どころを紹介できるといいですねぇ。

自撮り棒
とりあえず自撮りでパチリ

みなさんもダイソーでお試しもーれ😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました