【沖縄 観光】県内有数のパワースポット浜比嘉島をめぐる

【沖縄 観光】県内有数のパワースポット浜比嘉島をめぐる

どーも!グッチー@098takashiです。

沖縄県内でいくつかの有名なパワースポットがございます。

そしてそのパワースポットがあるのはたいてい「神様」の言い伝えが残された地域であることが多いです。

今回は沖縄の数あるパワースポットのなかから「浜比嘉島」を紹介したいと思います。

浜比嘉島には「アマミチュー」と「シルミチュー」という二人の男女の神様の伝説が残っています。

子宝のパワースポットでもありますので、妊活中のご夫婦は必見ですよ。

近くにAJリゾートアイランド伊計島もありますので、参拝のあとはお泊りしてください(^^)

海中道路も通るので、海の真ん中で絶景も見ることができます。

スポンサーリンク

浜比嘉島って??

浜比嘉島は沖縄県うるま市に属する島で、「浜比嘉大橋」を通って渡ることができる離島です。

海中道路からすぐ渡れるので、気軽に訪れることができます。

浜比嘉島はアダムとイブの伝説のような「アマミチューとシルミチュー」の伝説が残る「神の島」として、今でも聖域が大切にされています。

浜比嘉島では、琉球の開祖アマミチュとシルミチュが居住していたと言われる「伝説の神の島」の美しいスピリチュアルスポットを巡ることができます。

うるま市観光物産協会HPより
スポンサーリンク

まずは子宝のパワースポットシルミチューへ

アマミチュー
駐車場からシルミチューへつながる道

昔々、琉球の国造り神話に出てくる女性の神様「アマミチュー」と男性の神様「シルミチュー」。
その二人が住んでいたとされる洞窟が「シルミチュー」と呼ばれる洞窟です。

鳥居
シルミチューへ上がる階段。気合を入れて上りましょう
シルミチュー
説明板
根
入口の近くにある木の根。神の力??
根
なかなかの巨木です

階段は結構の段数があります。老人、幼児はきついかもしれません。

小学生くらいは走って上っていましたが、雨の日は滑るので気を付けてください。

階段を昇りきるとそこには・・・

門
洞窟の中には入れません
石
ちゃんと拝んで中の様子を撮影

さきほどの説明板書いてあったように、シルミチュー奥の鍾乳石が子宝の授かる霊石として崇められています。

なので、お子さん妊活されている方はぜひ一度足を運んでみるといいことがあるかもしれません(ちなみに北部の伊江島にはお腹の子が男か女かが重さでわかる石があります)。

海
シルミチュー近くの海岸風景
スポンサーリンク

アマミチューの墓を見学する

アマミチュー
海岸道路沿いにあります

つづいてアマミチューのお墓を見学します。島の海岸道路沿いにあります。

アマミチュー
道路から通路が伸びる

道路から少し離れた島がアマミチューのお墓です。

近くに車を止めて、通路を渡ります。

アマミチュー
いい雰囲気ですね。ここをぐるりと回ります。
アマミチュー
説明板。シルミチューも祀られているんですね
階段
拝んで撮影したお墓。神々しい・・・

アマミチューのお墓は全体が小さな島です。

お墓以外見るところはありませんが、島へ渡るの通路の途中ででおばちゃんがネコと一緒にドリンクを販売しています。

スポンサーリンク

浜比嘉島から見える景色

橋
船のバックに浜比嘉大橋

アマミチューのお墓から浜比嘉大橋の全景を見ることができます。
絶景スポットとしてもおススメできる場所です。

ノッチ
こんなノッチも目の前で見ることができる
海
アマミチュー前の砂浜
アマミチュー
アマミチュー全景。海透き通っています
スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

まとめ

いかがでしたか?

浜比嘉島は沖縄本島から海中道路経由で渡ることができる離島です。
琉球国造りの伝説、アマミチュー・シルミチューの聖域を見ることができます。子宝のパワースポットとしても有名です。

シルミチューは島民の生活地域を通過していきます。

道路も狭いので迷惑にならないよう十分に注意して通行してください。

アマミチューは道路沿いのあるので行きやすいです。

海もきれいなので、浜比嘉島にあるホテルに宿泊するのも一つの方法ですね(行ったことありませんが)

沖縄のホテル【公式】|ホテル浜比嘉島リゾート
沖縄のリゾートホテル。ホテル浜比嘉島リゾートは、車で行ける離島のホテル。天然ビーチ、満点の星空、大パノラマのオーシャンビューが魅力の、静かで落ち着きある大人のリゾートです。

沖縄観光する際は、ぜひ足を伸ばしてみてください。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました