沖縄観光|海洋博公園国際洋蘭博覧会を歩く

洋蘭会看板
我が家はほぼ毎年見に行く

どーも!グッチー098takashiです。

毎年に2月に海洋博記念公園では「沖縄国際洋蘭博覧会」通称「花のカーニバル」が開催されています。

沖縄観光の冬の名物として県内外からたくさんの方が訪れます。

2月の寒い時期に沖縄観光を考えている方は必見です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
グッチー@098takashi

沖縄生まれの沖縄育ち。40代お父さんの休日は子供の遊び場や家族で出かける場所を探して沖縄のあっちこっち(ありんくりん)をめぐっています!

グッチー@098takashiをフォローする

海洋博公園沖縄国際洋蘭博覧会とは?

展望台
熱帯ドリームセンター展望台

国際洋蘭博覧会は毎年2月におこなわれている、国内外の蘭の展示イベントです。

数多ある蘭のなかでも、最も優秀な作品には「内閣総理大臣賞」が送られます。

その他農林水産大臣賞などいくつかの大臣賞もありますが、それぞれの花の見事な艶美の咲きっぷりには圧巻です。

2019年のイベントページはこちら

沖縄国際洋蘭博覧会2020|OKINAWA INTERNATIONAL ORCHID SHOW 2020
沖縄国際洋蘭博覧会は、国内における国際規模のラン展としてはもっとも長い歴史を重ねています。国内外から出展された作品の審査を行い、最優秀賞には内閣総理大臣賞を授与します。会場では、鉢物、切花、ディスプレイ、フラワーデザイン、国外出展といった様々な部の審査展示がご覧いただけます。

この時期は海洋博公園のあちらこちらで花が咲き乱れそれだけでも十分楽しいのですが、やはり本丸は「熱帯ドリームセンター」です。

あのバベルの塔でお馴染みの、あのラピュタの世界観でお馴染みのあの植物園です。

花
天空の城ラピュタの雰囲気漂う植物園
池
雰囲気半端ない!!
スポンサーリンク

海洋博公園沖縄国際洋蘭博覧会の乱舞する蘭たちをランデブー

花のトンネル

それでは2019年の咲き乱れる蘭たちを一挙ご紹介。

写真では伝わらないのですが、会場は花の匂いがあふれていて、目で見て匂って歩いて汗をかいてと大変リラックスできるイベントです。

入場券を購入してエントランスを通り最初に見える庭園は先ほどラピュタの雰囲気をお伝えした画像です。

上記はその右手に曲がると現れる花のトンネルです。

蘭
デンファレ
花
欄

いろんな色の蘭が咲いています。ただ熱帯植物園なので、花だけではなく熱帯植物も観葉することができます。パラミツやカカオやバニラや沖縄のドラゴンフルーツなどなど。

はっぱ

でもメインはやっぱり花が好き!

花
花
欄
スポンサーリンク

海洋博公園沖縄国際洋蘭博覧会各大臣賞の花々たち

内閣総理大臣賞以下評された美しき花々たちをご紹介します。

まずは内閣総理大臣賞

総理大臣賞
ドレッドヘア?

つづいて各大臣賞

大臣賞
マッチ棒?農水大臣賞
大臣賞
外務大臣賞。ビオランテ?
大臣賞
沖縄大臣賞。むむむ

花の世界は奥が深いのです。

きれいに咲き乱れる花々を美しいと思うか、育てることが難しい花々を愛でるのか。

やんごとなき方々の与える賞は、素人の私にはよくわかりません。

スポンサーリンク

海洋博公園熱帯ドリームセンターの世界観

熱帯ドリームセンターの世界観

先ほども申しましたが、海洋博公園にある熱帯ドリームセンターは、「天空の城ラピュタ」をほうふつとさせる世界となっています。

その雰囲気を紹介します。

道
池
花
インスタ映えスポット。ハートから顔を出して撮影できる
道
通路
サボテン
円形の中庭
道
出口付近
エレベーター
展望台のエレベーター。残念ながら3階まで
階段
エレベーターホール
階段
階段でも上ることは可能
階段
下から上まで5階くらいか
伊江島
5歳の子でも最後まで登れます
伊江島
遠く伊江島を望む絶景が広がる
スポンサーリンク

海洋博公園熱帯ドリームセンターその他の楽しみどころ

熱帯ドリームセンターその他の楽しみどころ
えびせんがついている

熱帯ドリームセンター内にはカフェがあります。

メニューはカレーやロコモコ丼など限られていますが、トロピカルなファストフードを堪能できます。

冷房が効いているので、休憩にはちょうど良い場所です。

カフェコーナーの近くにはコイの池があり、餌をあげることができます。

子供は大喜びです。

このコイの餌、なんと外箱がモナカでできているため、ゴミを出すことなく箱までコイに食べさせることができます。

こいのえさ
100円とリーズナブル
えさあげ
どこのコイでも子供は大喜び

熱帯ドリームセンターでは時期によってはコサージュづくりなどイベントも行っています。

事前にホームページでイベントを確認していくといいでしょう。

http://oki-park.jp/kaiyohaku/events/
海洋博公園は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して博覧会跡地に設置された国営公園です。沖縄観光で人気の沖縄美ら海水族館やイルカショー、プラネタリウム、ビーチほか多数の施設があります。

この日は蘭を使った生け花教室が開催されていました。無料です。

体験

花だけを見ても、男の子は飽きてしまいますよね。

しかし、熱帯ドリームセンターにはなんと、熱帯魚が展示されています。

しかも、熱帯魚というときれいな根大手トラとか、ディスカスとか、ほんわかするものではございません。

なんとピラルクやピラニアなど、藤岡弘隊長も大喜びの生き物たちが最後に待っています。

ナマコ
コリドラスのでかいやつ
熱帯魚
コロソマ
コロソマ?
花
随所にインスタスポットがある
スポンサーリンク

海洋博公園内の花々

おまけ
蘭子三兄弟

国際洋蘭博覧会の時期は、海洋博公園全体が花にあふれています。

そんな楽しい様子を少しだけ紹介しますね。

かい
ヤンバルテナガコガネ
花
花
花
かやぶき屋根とのコラボ
カエル
イシカワガエル
とり
ノグチゲラ
花
ジンベイザメの模様
はな

どうですか?

子どもたちも「あっ!ヤンバルクイナだ!!」

と見つけるだけでも楽しそうですよね。

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

はな

公園内の展示は、モニュメントが多いので子供とクイズをしながら歩いてみるのも楽しいですよ。

美ら海水族館の駐車場からあるいて熱帯ドリームセンターへ行く道すがらにモニュメントがあります。

国際洋蘭博覧会の時期は大変混雑します。

また開催時期もだいたい2月の上旬の1週間だけです。

なので休日はなおさら混雑します。

訪れるなら朝の早いうちがおススメです。

2月の沖縄は桜も咲いているので、あちこちで花に関するイベントが開催されています。

沖縄と言えば海ですが、冬の時期は花を楽しみに訪れるのも良いですね!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました