スポンサーリンク

細いすき間も大丈夫|アイリスオーヤマスティッククリーナーIC-SLDCP6

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリスオーヤマ|スティッククリーナーIC-SLDCP6

どーも!グッチー@沖縄エンジョイ!です。

朝起きたら、子供たちの目覚まし代わりに掃除機をかけている私。

「起きろー」と言いながら子供を起こしています。

フローリングのほこりには、自走式ブラシが最適だろうと思い。

そして脚の短いソファの下を掃除できる極細ノズルはないか・・・

それに見合ったコードレス掃除機はないかなーと思いメイクマンへ行ったみたところ、ぴったりの掃除機を発見しました。

それがアイリスオーヤマの「スティッククリーナーIC-SLDCP6」です。

自走式ブラシのコードレス極細クリーナーを探している方は必見です。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマスティッククリーナーIC-SLDCP6

アイリスオーヤマスティッククリーナーIC-SLDCP6

三角お屋根赤い屋根、おひさまニコニコ雲の上。

沖縄のホームセンター大手メイクマン。

メイクマンでもアイリスオーヤマ製品増えてますね。

特にテレビの押しがパナイ。

掃除機コーナーでもアイリスオーヤマ製品が目白押しでした。

そこでいろいろ試した結果選んだ商品が、

極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6

掃除機にはサイクロン式と紙パック式があります。

紙パック式は、

パックを捨てる気軽さ反面、ゴミがたまると吸引力が落ちる。

サイクロン式は、

吸引力が落ちない反面、ゴミ捨ての時ダストカップをトントンするとゴミが舞いがるようで気になる。

ということで、気軽に紙パックを捨てて継続できる紙パック式をチョイス。

そこで選んだのが「極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6 

早速開封の儀。

開封の儀

紙パックが最初からついています。

これは助かりますね。

銀イオンパックもメイクマンで売っていたので、ついでに購入しておきました。

そして、いろいろ試してこの機種がいいなと思ったところは、ちょいと自立できるところです。

自立

横にして置いておくと間違えて踏むのも怖いし。

ただこうして立てておくのも万全ではなくて、ちょっと揺らすとバランスを崩すので、本気で立てかけたいときは、壁に壁掛け用の部品を付けると安定します。

壁掛け

壁が木造なので、ねじで止めることができました。

壁付けの部品に磁石が内蔵されています。

壁に付けた部品の磁石と本体の磁石がくっつくことで立てかけが安定します。

かべかけ

充電しながら、壁掛けして置けます。

今回極細を選んだ理由が、うちのソファの脚が短いこと。

極細なら、ソファの下もちょちょいのちょいなのです。

ソファ下

自走式ブラシなので、すいすいと入っていきます。

軽い、そして細い。

日常のちょっとしたときに、ささっと掃除できる便利さは重宝します。

あと、ほこり感知機能のランプがついていますが、家のなかなんて一通り掃除機をかけるかと思いますので、ランプがあってもなくてもかけるのであまり気にしたことはありません。

また、ブラシが本体についているので、ワンタッチでハンディタイプに切り替えることができます。

ソファの上などの食べこぼしは、ハンディタイプにしてすぐ取ることができるので便利です。

次は、極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6 の気になる木なところを紹介します。

スポンサーリンク

IC-SLDCP6 気になるところ

IC-SLDCP6 気になるところ

赤い丸印が排気がでるところですが、結構な風量で排気がでるんです。

半ズボンで掃除をしていると、風が当たって冬は寒く感じました。

また、自走式で軽く進みますが、ヘッドが大きめなので、低い高さは得意でも、細い横幅はちょい苦手な感があります。

まぁ、軽くてブラシで細かいゴミもとってくれるので、おおむね満足です。

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

壁掛けしながら充電もできるのは大変便利だと思います。

makitaなどはスタンドがないと立てられないですが、この機種は壁掛け&充電のタイプです。

あと、ブラシタイプの困るところは、髪の毛が絡んで回転がわるくなるところなんですよね。

たくさんからむと動かなくなるおそれがあるので、ときどきブラシのチェック(髪の毛の除)も必要です。

子どもがいると、なんでこんなに毎日髪の毛が落ちてるんだとおもうほど、髪の毛拾ってあるいてますから。

スティック型クリーナーを探している方は、

「アイリスオーヤマスティッククリーナーIC-SLDCP6」

を、ぜひチェックしてみてください!

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました