【ニトリ】簡単!カーテンのすそあげとつっぱり棒で小窓カーテン

【ニトリ】簡単!カーテンの裾上げ

どーも!グッチー098takashiです。

寒さも和らぎ、春うららな今日この頃。

窓の外を眺めるのも楽しくなってきましたね。

でも、カーテンのすそが窓の枠からはみ出していたら、ちょっと見た目によくないですよね。
そんなとき便利なのが「すそあげテープ」

先日ニトリの「すそあげテープ」を使って、カーテンのすそあげが簡単にできました。

カーテンのすそあげを検討している方は必見ですよ♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
グッチー@098takashi

沖縄生まれの沖縄育ち。40代お父さんの休日は子供の遊び場や家族で出かける場所を探して沖縄のあっちこっち(ありんくりん)をめぐっています!

グッチー@098takashiをフォローする

ニトリのすそあげテープで簡単カーテンのすそあげ

ニトリのすそあげテープで簡単カーテンのすそあげ

カーテンって丈をオーダーメイドすると結構な値段しますよね?

でも既製品って、窓の高さにピタッとあわない・・・

小窓のカーテンの裾が合わず悩んでいたところ、ニトリの「すそあげテープ」を利用して簡単にカーテンのすそあげができたんです。

お値段税込み299円

うら

やり方は簡単。

  1. カーテンの仕上がり寸法をはかり、折り返す部分を仕上がり寸法からプラス7~10cmとって記事を裁断
  2. カーテンの仕上がり寸法に合わせて二つ折りにし、あらかじめ軽くアイロンをあて、カーテンに折り目を付ける(この時点ですそあげテープはまだはさまない)
  3. 折り目を付けたカーテンにすそあげテープを置いて再び二つ折りにし、すそあげテープをはさみこむ(このときすそあげテープがはみ出していないか十分確認すること)
  4. アイロン温度は低温(120℃前後)に設定して、必ずあて布をする。アイロンをあまり動かさずに体重をかけ、押さえるようにして端から順にプレスする。
  5. アイロンを一度あて、数秒後にもう一度ゆっくりとプレスすることで十分に接着できる。特に端部分の接着を十分にすること。

てな感じ。

ではやってみましょう。

まず裁断。

裁断

そして軽く折り目を付け、すそあげテープをセッティング。

配置

見えますか?

真ん中くらいに重ねているやつがテープです。

そしてアイロンでプレス。

アイロン

ゆっくりゆっくり、プレスを意識しながら接着していきます。

プレス後

完成です!

思ったらよりまっすぐきれいにできました。

さすがお値段以上♪のニトリ。

今回事務所の小窓用に小さいカーテンですそあげ。

大きいカーテンはまっすぐきれいにすそあげするのはテクニックがいりそうです(;’∀’)

小さいカーテンくらいだったら、すそあげテープで簡単チャレンジしてみるのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

カーテン

ニトリのすそあげテープ

今回さらに小さいキッチンの小窓には、目隠しとしてニトリのつっぱり棒とカーテンで簡単にカーテンを設置しました。

つっぱり棒

こんな感じです。

カーテン

まぁただの目隠しですので、こんな感じで十分かな。

きちんと長さをはかってすそあげテープを活用ってもいいかもですね。

小窓のカーテンのすそあげを考えている方は、ぜひニトリのカーテンとすそあげテープを使ってみてくださいね!

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました