スポンサーリンク

【沖縄観光】全国名水百選「垣花樋川」で涼をとる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はいさい!ぐすーよーちゅうがなびら。

まだまだ暑い日が続きますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
こんな暑い日は海にでも行きたいところですが、たまには樋川(ヒージャー)にでも行って、涼んで見ましょう。

涼んでみる
スポンサーリンク

樋川(ヒージャー)ってナニ??

樋川(ヒージャー)は沖縄の方言です。「湧水」と言うとイメージが湧きやすいでしょうか(湧きだけに)。
水道のない時代、集落の大変貴重な水資源として、湧水の周囲は整備されてきました。

沖縄のあちこちには「○○樋川(ヒージャー)」がたくさんあります。

そんな樋川のなかでも、「キング・オブ・樋川」と言えるのが、今回紹介する「垣花樋川」です。

垣花樋川画像
豊富な水量にマジビックリ

なんたって名水百選ですから。

スポンサーリンク

垣花樋川の場所

垣花樋川は南城市玉城垣花にあります。

説明板
説明板

駐車場は私が確認したところ、2カ所ございます。

簡単に言えば「上」と「下」でしょうか。

上側駐車場
上側駐車場。2台しか止められない
下側駐車場
下側駐車場。4,5台は駐車可能

仲村渠農村公園から行くと下側、仲村渠児童館を上に登っていくと上側の駐車場にたどり着きます。
上側からは昔ながらの石畳道を降りながら樋川に向かいます。
ただし、非常に急な坂道となります。スニーカー着用をおすすめします。
下側は整備された遊歩道を通って樋川へ行くことができます。

上側から降りる道はこんな感じ。

坂道
水をくみ上げている管に気を付けて
坂道2
雨の日は滑るので要注意
坂道3
ワイルドだろぉ
到着
ここまでくると水の音が聞こえる

続いて下側の駐車場から行くとこんな感じの道です。

下の道
ここが入口
海の景色
海が見える
遊歩道
ちょっと歩く
水
いい感じの道
水2
豊富な水量
水辺
きれいな水辺
到着
到着

上から来ても下から行っても、どちらの道も見学することは可能です。
駐車しやすい下側の駐車場をおすすめします。

スポンサーリンク

水辺で遊べる垣花樋川

樋川では水中小生物の観察も可能で、この日も子連れの家族が何組か遊びにきていました。

水辺
遊んでいるから濁っているんです

私が訪れる前数日間は結構な雨が降っていたので、この日は水量が豊富でした。
みなさん目で見て涼しんでください。

樋川
垣花樋川
ドドドドドドドドドド
あちこちから水が出ている
下へ流れていく
下の水たまりで遊ぶ
足を付けて涼しい!

垣花樋川に子どもと行くときは、ダイソーなどで網と観察用の水槽を準備していくと楽しいですよ。

虫よけ対策は必須です。基本的に藪のそばなので気を付けてください。

スポンサーリンク

今日の〆(シメ)

垣花樋川は下側の駐車場が止めやすく歩きやすい。
遊ぶときは生き物観察グッズは必須。
雨が降った翌日は水量豊富でダイナミック。

駐車場の湧水
駐車場側からも出ている

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました