スポンサーリンク

【お父さんの料理】具が大きい「ゴロゴロカレー」にチャレンジ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はいさい!ぐすーよーちゅうがなびら。

今日は具が大きい「ゴロゴロカレー」を作ったお話。

単にちゃんと切らないだけっていうのは秘密。

圧力鍋を使用します。

スポンサーリンク

まず材料を少しは切る

いつものニンジン、ジャガイモ、玉ねぎをそのままもしくは半分に切って圧力なべにつっこみます。

あまっていたピーマンも

そして水をひたひたに。

今回しめじも投入。冷蔵庫のあまりもの入れるといいでしょう。

あとはふたをしてグツグツ煮込みます。

スポンサーリンク

煮込んでいる間に副菜を調理

その間にサラダとキムチきゅうりをささっと作成。

きゅうりを塩もみ後キムチの素投入
生ハムサラダ

そうこうしている間に沸騰してきました。

今回は長男がビーフカレーにしてくれというので、牛バラ肉を投入です。

お安いお肉なのでアクが・・・

がんばってアクをとります。

アクを取って水が減った分少し足しまして、圧力鍋のフタをします。

スポンサーリンク

圧力鍋スタート

まるで金庫の扉のようなごついフタ。しっかり閉めます。

ここをしっかりしないと、圧がかからず失敗します。(誰もが一度は経験するはず)

愛用のティファール

圧がかかってくると、赤い印がポコッと上がってきます。

上がってきてもまだですよ

あがってきたときは圧がかかってきた証拠です。

しばらくそのままにしていると、蒸気口から蒸気が「シュッシュッシュッ!」と勢いよく出てきます。

写真では蒸気が見えません・・・

蒸気が出てきたら、中火にして6分煮込みました。煮込む時間は試行錯誤が必要です。
(レシピ通りにしてもうまくいかない( ;∀;))

スポンサーリンク

できあがり

タイマーが鳴ったら火を止めます。

ここで注意しないといけないのは、

「圧が下がるまで絶対にフタを開けてはいけない!」

ということです。

圧力がかかったままフタを開けると、熱い中身が一気に噴き出します!

これが圧力鍋を使うのをこわがる人が多い理由ですよね。

うちの鍋の場合は、先ほどの赤いポッコリが「ヒョイ」っと下に沈むので、それが圧が抜けた証拠です。

この圧が抜けた確認は鍋によって違うので、取扱説明書を十分に確認してください。

出来上がりはこちら。

ででーん

ジャガイモ、ニンジン、まんまです。しかし玉ねぎ、ピーマンはグダグダになってしまいました。

料理の道は深く険しく奥が深いものですね~。味はバッチリであります(隠し味にめんつゆ使用)

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

最近は電気圧力鍋の宣伝をよくやっていますよね。
安全で使い勝手がいいのですが、だいたい4人家族仕様なので我が家には若干足りません。

また置き場がない( ;∀;)

これからもいろいろ料理やってみたい!

それではまた!ごきげんよう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました