スポンサーリンク

【Monoログ】ipadminiをPCライクに使える道具4選頭身!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【Monoログ】ipadminiをPCライクに使える

どーも、@マツモトタカシ です。

先日新型ipadairも発表されましたね。

薄型で純正の外付けキーボードも利用できてガジェット好きにはたまらない。

私はまだipadminiの第4世代を利用していますが、そんな旧世代のipadminiをPCライクに利用できないかと考え、ガジェットをいくつか購入してみました。

ipadmini利用者は必見です。

スポンサーリンク

ipadminiをPCライクに使える「1.キーボード」

ipadminiをPCライクに使える

まずは外付けキーボード。

Blutoothで接続するタイプですね。

残念ながらipadminiのApple純正キーボードというのは今のところ見当たりません。

仕事で持ち歩くならシックな色がいいかなと思いこちらを選択。

気分でケースの色も変えたいなと思いこちらも購入。

プライベートで使いたい色ですね。

開封したところはこんな感じ。

開封

日本語の取り扱い説明書付きです。

説明書

接続も簡単でした。

キーボードは大人の男性ではちょっとピッチがせまいかな。

miniなのでしかたがありませんが・・・

キーボード

ipadminiを装着してみると、

mini装着

ぴったりとはまります。

そりゃそうだ。

ケースを閉じたところ、結構厚みがありますね。

暑さ

約2センチくらいの厚さになりますね。

厚み

画面に直接キーボードが当たるのがちょっと気になる。

手に持った感じはほどよく重量感があり、ビジネス使用には向いているかも。

つづいてブルーの方。

箱

いざ開封の儀。

こちらはキーボードの色がホワイトなので、見た目にさわやかですよね。

キーボード

こちらの方は、キーボードカバーがついておりました。

こちらもキーボードが直で画面に当る仕様。

横から

並べてみるとほぼ一緒ですね。

一緒

ペンを挿すところの構造が若干違います。

スポンサーリンク

2.スタイラスペン

アップルペン代わりのスタイラスペンも探してみました。

見た目に「アップルペンシルっぽいぽい」というのが購入の理由。

開封

ケースのペンシル部分にもピッタリはまります。

ペンシル

書き心地はさすがに純正におよびませんが(手のひらに反応する)、簡単なスケッチなどには大変便利です。

充電口はマイクロUSBでした。

スポンサーリンク

3.マウス

マウス

今回チョイスしたマウスはこちら。

エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン 静音 クリック音95%軽減 モバイル 充電式リチウムイオン電池 CAPCLIP イエロー iPad Pro 2020 M-CC2BRSYL

マウス

小さいしケースがついているので持ち運びに便利。

いざ開封の儀。

開封

ケースのついたマウスって初めてかも。

ケースつき

ケースへ収納した感じはこんなところ。

収納

充電対応なので、小型軽量なんですね。

てことは、充電しながらケーブルつなげて使えるのも、急な充電切れに対応できていいですね。

ちなみに、iphone、ipadでマウスを使いたい場合は、OSを13以上にアップデートする必要がありますので、事前に準備しておいてくださいね。

スポンサーリンク

4.外付けのUSBメモリ

USBメモリを使う

今使っているipadminiの容量が32GBなので、容量不足が心配。

そこでUSBがメモリが利用できるよう、アダプタも購入。

こちらはAppleの純正を購入しました。

アダプタ

箱の裏の説明です。

余談ですが、私はNIKONのカメラを使っていますが、wifiでipadと接続できるので、今回はカメラにつないで利用しません。

アダプタをさすと、ドライバのアップデートが始まりました。

アダプタ

アップデート終了後自宅のUSBの使用を試みたところ・・・

なんと!USBメモリが使えないではないですか。

too much power??

電力が足りないってか??

ということでググってみると、「100mA以上のUSBは使用できない」

なーにー!

さらにググってみてipadで使用できそうなUSBメモリとして紹介されていたのがこちら。

届いたら試しに使ってみようと思います。

スポンサーリンク

今日のエンジョイ!

今日のエンジョイ!

いかがでしたか。

ipadminiでもガジェットをそろえれば結構PCに近い環境が構築できたと思います。

まず、キーボードは持ち歩くものなので、気分で色を変えてもいいかもね、です。

つづいて、スタイラスペンはAppleペンシルに近い見た目を重視。

書き心地は本家に劣るが、ふたがマグネット式で静電式のペン先になる。

次に、マウスは小型軽量のBluetooth対応型。

最後に、USBメモリの装着はApple純正のアダプタで、100mA未満のUSBメモリが必要とのことでした。

現在新しく発売されている第5世代はAppleペンシルにも対応しているので、書き心地重視の方はそちらを検討するのもいいですよね。

私としては、新型ipadAirが非常に気になる。

ビジネス使用にはあれくらいがちょうど良いと思っている。

来年の目標はipadAirでブログばりばり更新や!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました